犬の状態を見極めた上で選択することが必要なドッグフードの選び方


全ての犬に同じドッグフードを与えるのではなく、犬の状態を見極めた上でドッグフードを与えなくてはいけません。犬の状態によって、最適なドッグフードが異なるので、慎重に見極めなくてはいけません。

年齢に合わせたドッグフードを選択

人間と同じように犬も加齢をしていき、内臓が少しずつ衰えていきます。若い時に食べていたドッグフードを高齢になった犬に食べさせても内臓の負担が大きくなり、状況によっては、嘔吐や下痢などの症状を起こしてしまう恐れがあります。

 

そこで高齢になった犬は、基本的に高齢犬用のドッグフードを与えるのが基本になります。

 

消化しやすいドッグフードになっているため、内臓の負担を少しでも減らせます。そして嘔吐や下痢の症状を防げるため、健康維持しやすくなるのが特徴です。

質の良い原材料を使用しているドッグフード


出典 https://wanko-media.com/

 

選び方の一つとして、質の良い原材料が使用されているのか見極める事が必要です。短期間ならばそこまで犬の体に悪い影響を与えないで済みます。

 

しかし長期間質の悪い原材料が使用されているドッグフードを選択してしまうと怪我や病気をしやすくなったり、健康維持が難しくなるので注意です。

 

安全性の高い食材を使用しているのか判断し、塩や砂糖など犬にとって悪影響を与える食材が含まれていないか見極めなくてはいけません。

犬の状態を見極めて選択

 

内臓が弱い犬もいれば、肥満体型に悩まされている犬もいます。それぞれ犬によって、どのような状態になっているのか異なっているので、冷静に判断しなくてはいけません。

 

内臓が弱い犬は、内臓の負担が少ないドッグフードを選ぶことが必要です。肥満体型の犬は、低カロリーのドッグフードを与えることで、少しずつ痩せられるようになります。

 

その他にもアレルギーを持っている犬は、アレルギーを起こさないドッグフードを選ばなくてはいけません。

費用よりも犬の状態を見極める重要性


ドッグフードの選び方は、費用ではなく犬の状態を見極める事が大切です。

 

そして現在犬がどのような状態なのか把握した上で、ドッグフードに含まれている原材料や成分をチェックしていき、状況に合わせて与えることが必要です。