夏は注意が必要!愛犬の為に行って欲しい暑さ対策の方法を紹介


地球温暖化により年々気温が上昇しています。

 

そんな中で洋服等で暑さ対策が出来ず、1年中毛皮を着た状態の犬はしっかりと暑さ対策をする必要があります。ここでは犬の暑さ対策の方法を紹介していきます。

暑さ対策のグッズを使用

近年はペット用の暑さ対策のグッズがいろいろ販売されているので便利なグッズを使用しない手はないと言えます。定番なのがクールマットで置くだけでOKなのでとっても簡単です。

 

保冷剤タイプ、アルミ、大理石といった様々な素材のモノがあるので特性や注意点を確認した選ぶようにして下さい。他にも体温上昇を抑えることが出来るベストや保冷剤などを入れて首に巻くバンダナタイプの商品も存在します。

 

あとは熱中症にならない為に犬にマメに水分を与える必要があり持ち運び用のペット給水器などもお勧めです。

 

家に庭がある人はドックプールを利用するのも1つの手ですし、もっと手軽なクールミストを利用するといった対策方法もあります。

夏場の散歩は涼しい時間帯に

夏場は特に昼に温度が上がるので昼間に散歩をするのは止めておきましょう。昼間は温度が高く、さらに犬は人間より地面が違いのでアスファルトの照り返しが厳しく体感温度はさらに上がります。

 

だから日が出るまでの早朝5時から6時頃、もしくは夜間の23時ごろの少し気温が下がった時間帯に散歩に行くようにして下さい。あと若く体力が有る犬なら運動が必要ですが、老犬の場合は無理に夏に運動をさせる必要はありません。

キャリーバックに保冷剤を

昼間に犬を連れて出かける必要がある場合はキャリーバッグに保冷剤を入れるようにして下さい。布製のバッグタイプのキャリーバッグは案外熱が籠りやすいので注意が必要です。

 

ただそのまま入れると体が冷えすぎてしまうので保冷剤はタオルに包んで入れて下さい。他にもキャリーバックに入るようなら人間の枕に敷く様なひんやりマットを使用するのも1つの方法です。

夏場の暑さ対策


夏の犬の暑さ対策にはクールマット、ベスト、給水器、ミストといった専用のグッズがいろいろ販売されているので上手に利用することをお勧めします。

 

また散歩は早朝や夜遅くの涼しい時間帯にするようにしましょう。あと昼間に犬を連れて出かける必要がある場合はキャリーバックに保冷剤を入れるといいでしょう。