仕事で家を空けるとき犬を留守番させていいの?有効な方法を考えよう

 

仕事を持っている方だと、犬に留守番をさせることになってしまいますね。

 

一人ぼっちで家の中にいると、犬もストレスが溜まってしまうのではないかと気になってしまいます。実際のところ、留守番させるのはダメなのでしょうか。

短時間であればストレスがかかることはない

ワンちゃんは集団生活を送っているため、一匹で置いておくとストレスを感じてしまうだろうと思ってしまいますね。確かに長時間にわたって家を留守にしていると、ワンちゃんも大きなストレスを感じるようになってしまいます。

 

ただ、短時間であれば、お互いの時間を保つうえでも重要な時間となるのです。2、3時間パートに出たり遊びに行く場合には、それほど心配することなく出かけてみましょう。

家に帰ってきてから遊んであげよう

一方、長時間にわたって出かけるときには、有効な対策を取るようにしましょう。

 

フルタイムで仕事をしている人は、その間ワンちゃんだけを置いていくことになります。この場合には、家に帰ってきてから思いっきりコミュニケーションを取るようにしてみましょう。

 

一緒に遊んだり散歩に出かけることで、ワンちゃんの不安や寂しさを解消しやすくなります。飼い主としても、仕事から帰ってきてからワンちゃんと遊べるのでストレス解消になりますね。

泊まりに行く時の対処法

用事があり、どうしても泊まらなければいけないときには、ペットシッターに頼んだり友人や家族にお世話をお願いしてみましょう。

 

ペットシッターは、ワンちゃんの扱い方に慣れているので、寂しさをうまく紛らわせることができます。飼い主さんとしても、プロに預けることで安心できますね。

 

日頃から家族や友人にワンちゃんを会わせていれば、ワンちゃんも緊張することなく接することができます。お泊りするときのことを考えて、家族や友人に会わせておきましょう。

まとめ

 

ちょっとした外出であれば問題ないものの、長時間にわたって外出するときには対策法を考えましょう。

 

家族や友人にお世話を頼むことも検討するなど、時と場合によって対策法を考えると効果的です。