犬の睡眠時間は長いので寝ていることが多いのが大きな特徴

 

活発的な姿を想像する方も多いのですが犬は寝ていることが多いです。人間よりも明らかに長い睡眠時間になっているので、飼い主によってはいつも寝ているイメージが強いケースもあります。

犬の平均睡眠時間は約12時間

人間の平均睡眠時間は約7時間ですが犬の平均睡眠時間は約12時間になっています。走り回ったり、元気に遊んでいるイメージが強い犬ですがこのように常に寝ていることも少なくありません。

 

睡眠時間が不足してしまうと活発的に活動できなくなったり、体調不良を起こしてしまうので多くの犬が約12時間ほど睡眠を取っています。更に子犬はもっと睡眠を取っており、心身ともに休ませています。

飼い主として快適な環境を作ることが重要

犬の睡眠にも質が存在しており、12時間ほど睡眠を取っても質が悪かったら睡魔が発生します。そこで飼い主は、できる限り静かで睡眠を取りやすい環境を作ってあげないといけません。

 

快適な環境を整えることで、犬は安心して睡眠を取れるようになり、心身の疲れを解消することができます。特に犬は音に敏感なので、ちょっとした音も発生させないように工夫することが必要です。

高齢犬は更に多くの睡眠時間が必要

子犬と同様に高齢犬は、一般的な犬よりも睡眠が求められてきます。平均で18時間ほどの睡眠が必要で、それだけ心身に疲労が発生しやすく、睡眠を取らないと回復することができないです。

 

高齢犬の場合、あまりにも寝ている時間が多いので心配になる飼い主もいるかもしれませんが必要不可欠な行動なので、そっとしておくのが基本になります。

まとめ

 

平均12時間ほどの睡眠時間が必要で、睡眠が不足してしまうと病気や体調不良を発生させやすくなります。

 

また子犬や高齢犬はもっと多くの睡眠時間が必要なので、基本的に起きている時よりも寝ている時の方が多いです。

 

犬が少しでも寝やすいように快適な寝床を作ってあげることで、良質な睡眠を取れるようになります。