自分の生活スタイルにぴったり合う犬の種類の選び方について

 

ペットとして犬を飼いたいと思っても、たくさんの種類の犬がいるので、どの種類を選ぶのがいいか迷ってしまいますよね。

 

そこで、ここでは、犬の種類の選び方についてまとめてみました。

あなたの生活スタイルは?

犬を飼うと一言で言っても、そのスタイルは色々です。室内で飼う人もいれば、室外で飼う人もいます。日中長く一緒にいることができる人、そうでない人、それもさまざまです。

 

犬を飼うとなれば、散歩やごはんの世話、しつけなど多くの時間を割くことになりますよね。

 

そのため、飼い主さんの住環境やライフスタイルに合わない犬を飼ってしまうと、場合によっては飼い続けることができなくなり、手放さざるを得ないという結果になってしまうこともあります。

 

犬を飼う準備として、まずはご自身のライフスタイルを振り返るところから始めてみましょう。

住環境に合わせた犬種選び

あなたのお家が、自然がたくさんあり、敷地の広い一軒家であるならば、犬にとっても十分に運動ができる環境なので、大型犬を買うことができます。

 

ボーダー・コリー、アフガン・ハウンド、シェルティなどが良いかもしれませんね。

 

反対にマンションなどで運動できるスペースが少なく、臭いや吠える声を気にしないといけない環境であれば、

 

トイ・プードルやマルチーズなどが、毛も抜けにくいので室内で飼いやすい犬種だと思います。チワワも、吠えたとしても声が小さいので、良いかもしれません。

一緒にいられる時間が短い場合の犬種選び

 

犬はとても人懐っこい動物で、人と一緒にいることを好みます。しかし、日中は仕事で留守にするという方も多いと思います。

 

そうした場合は、温厚な性格で我慢強いタイプの犬種がオススメです。例えば、ゴールデン・レトリーバーやラブラドール・レトリーバーの大型犬、フレンチブルドックやシーズーなどの小型犬が良いと思います。

子どもがいる場合の犬種選び

小さなお子さんがいる場合は、穏やかな性格の犬種を選ぶのが良いでしょう。小さなお子さんは、犬の扱いにも慣れていないので、気性の激しい犬種の場合にはトラブルになりかねません。

 

例えば、ゴールデン・レトリーバーやラブラドール・レトリーバーの大型犬、シーズーやトイ・プードルなどの小型犬が良いでしょう。

年齢を重ねてから犬を飼いたい場合の犬種選び

子育てがひと段落したから、定年を迎えて時間ができたから、という理由で犬を飼おうとされる方もいると思います。

 

そうした場合には、比較的お手入れが簡単で、飼い主さんにとっても散歩が体の負担になりすぎないよう、運動量が少な目でもOKな犬種が良いでしょう。例えば、マルチーズやポメラニアン、パグなどがオススメです。

 

ここまで、いろいろな生活のスタイルに合わせた犬種の選び方をみてきました。ご自身にぴったりの犬種を見つけて、わんちゃんとの一緒の時間を楽しんでくださいね。